1,937
27.住吉神社参道橋
2006.07.17



1.内日第一貯水池煉瓦橋 2.濱井橋 3.神上寺無明橋 4.磐石橋 5.三見橋 6.万歳橋 7.楓橋
8.平安橋 9.大照院門前橋 10.大照院墓所前橋 11.南明寺参道橋 12.金谷天満宮太鼓橋
13.金谷天満宮桁橋 14.金谷天満宮奥の橋 15.旧湯川家石橋 16.桂太郎旧宅石橋
17.東光寺瑞雲橋 18.落合の石橋 19.禅昌寺石橋 20.禅昌寺桁橋 21.出の口橋
22.山の口太鼓橋 23.防府天満宮太鼓橋 24.枡築らんかん橋(塩田公園)
25.らんかん橋 26.長浜らんかん橋

28.関門大橋 29.内日第一貯水池 30.神上寺 31.大寧寺 32.萩城跡
33.旧福原家書院 34.萩の町並み 35.毛利家墓所 36.金谷天満宮
37.藍場川 38.伊藤博文旧宅 39.東光寺 40.禅昌寺 41.鹿背隧道




山口県宇部市大字船木

橋長:4.0m
橋幅:3.96m

単径間円弧桁橋




大木森住吉宮
「ご祭神は、住吉大明神(表筒男命・中筒男命・底筒男命)です。海上航路の安全を守護する神で、この地の里人は、古来ひとりも海難にであった者がいないと伝えられています。
 文化11年(1814)建立の社前東わきにある「大木森住吉社記」の銘文に、創建の由来や小祠を改築したことなどが、語られています。
 嘉永5年(1852)8月の千六百五十年式年祭で、社殿境内の新造成がされ、玉垣やそり橋、高灯ろう(住吉社の特色で海上安全の灯台を擬製)などができました。神功皇后が軍船48艘を造るために切られたという境内にあるクスノキ古樹の巨木伝説から、「船木村」「楠町」などの地名発祥の地とされています。一の鳥居の東わきに、明治中期ころ造立の芭蕉の俳句塚があり、「春立ってまだ九日の野山哉」と刻んであります。」

宇部市教育委員会


28.関門大橋へ