石橋巡り
(2006年5月7日)

高城町〜高崎町〜小林市



1.様ヶ野橋 2.有水橋 3.谷添橋 4.西大出水橋 5.龍福寺仁王
6.庚申石祠 7.西久保の田の神 8.高崎町古墳 9.南島田の田の神 10.霧島



 前日からの雨、雨の日は新規発掘に最適です。足も痛むし、車に乗ってから石橋に呼ばれる方向へぼつぼつ出発。どうも高城町から高崎町方面が気になりますので、そちらの方向へ向いました。

 高岡町去川で国道10号線から分岐し、和石を通り高城町四家を目指しました。この道はひょっとしたら旧道かとも思われ、石橋がありそうに感じます。

 去川から6Kmくらい走り、国道に近づいたところで、ずーっと左側を流れていた川が道路を横切る地点がありました。藪に覆われ、覗き込んでもよくわかりません。普段ならばロープを使って1〜2分で降りられるようなところ、足を痛めているのでロープも使えず、腫れた足を長靴に履き替え回り道をして10分くらいかけてようやく下に降りることができました。
なんと石橋でした。高城町で初めて出会った石橋にあらためて驚きました。

 さて、高城町有水からわき道にそれ、高崎町を目指しました。地図では川が道路を横切っているところがありましたが、橋など架かっている様子はありません。確認のため旧道みたいな道を進むと、その道路の下も川が流れている様子、こちらの方が石橋の可能性が高そうです。

 ようやく上流左岸側からのルートを見つけ、杖をつきながら斜面を下りました。岩盤の川床を進むと見事な石造アーチ橋が眼の前に現れました。高城町で2基目の、それも新規の石橋発見に驚きました。