石橋巡り
(2006年3月21日)

1,746 2.千尋谷川石橋(仮称)



1.前田用水路湯谷石橋
3.前田用水路庄内西石橋 4.前田用水路庄内東石橋
5.前田用水路今屋石橋 6.前田用水路隧道
7.関之尾頭首工 8.関之尾の滝 9.関之尾甌穴




都城市庄内町

橋幅:36.5m
径間:3.02m
拱矢:1.73m
環厚:46cm 要石56cm
基礎130cm


千尋谷川と交差する地点です。



川と用水路がどのように交差するか、期待して向いました。
前田用水路は土手の上を左手から右手へ続いています。
道路の先に見えているのは「中尾原随道」です。



前田用水路の上部
「谷間の河川を石積み暗渠にして、坂元源兵衛の優れた農業土木技術のひとつである、「水流し工法」で築堤された用水路。」 

水流し工法
「水流し工法は薩摩藩で考えられた工法で、土砂を水と一緒に流す工法である。掘削した土砂を水流し工法で運び築堤などの盛土材として利用していた。また水路を造るときに掘削土砂を水流し工法で捨てていたようである。水流し工法では土砂運搬の労力が少なくてすみ、工事期間が短縮され工費も安価になる。」


千尋谷川を上流側から下っていくと、石造アーチが見えました。


立派な石造アーチです。
千尋谷川を通すために作られたようです。


上流右岸側



上流左岸側


上流側要石


下流側


下流左岸側
歩道が併設してあります。


歩道は最初から作られていたようです。


下流側要石の上には銘板が
読めません



3.前田用水路庄内西石橋へ