石橋巡り
(2006年3月21日)

都城市 前田用水路を辿る



1.前田用水路湯谷石橋 2.千尋谷川石橋
3.前田用水路庄内西石橋 4.前田用水路庄内東石橋
5.前田用水路今屋石橋 6.前田用水路隧道
7.関之尾頭首工 8.関之尾の滝 9.関之尾甌穴




 都城市の関之尾の滝上流、関之尾頭首工からは前田用水路、北前用水路、南前用水路が伸びています。
今日はそのうち前田用水路を辿ってみました。前田用水路は庄内、山田、志和池まで続いています。
なんと5基の石橋に出会いました。


前田用水路
「前田用水路は坂元源兵衛が計画しました。関之尾の滝の上流350mから岩山をノミとツチだけで、3年の月日を要して掘りぬくという大変な工事でした。その後、いろいろなことがあり、この仕事は前田正名にひきつがれました。水路はたくさんの谷や山を越え200ha以上の田んぼが開かれました。
この工事では前田正名が有名ですが、坂元源兵衛の水流し工法など優れた土木技術がなければ完成できなかったと言われています。
2002年6月現在(水路の長さ7,045m 前田用水路の水を引いている田んぼの面積227ha)」


郷土の偉人 坂元源兵衛翁
1840年(天保11年)〜1918年(大正8年)
「坂元源兵衛は今の都城市西岳に生まれ、1869年(明治2年)に優れた田んぼを開く技術とみんなをまとめる力があったので、三島地頭に頼まれ都城市庄内町に移住しました。そして田んぼを開く事業など村の発展につくしました。」